LinkIcon




丘の上の家.png 2.png

丘の上の家は小さな混構造の建物です。
居間部分は、近い将来実現する計画の為、開放的で力の抜けた木造空間に。水廻りと寝室、多目的室はコンパクトなコンクリートブロック造で安心感を重視しました。

 今回の計画の出発点は植栽でした。
”みどりの小道”は、敷地の関係で長くなってしまう玄関アプローチを快適な空間にしています。当初から、植栽と建築工事を同時にイメージしたので、無理なく植物を配置することが出来たと感じています。植物との付き合いには、メリットもデメリットも付いてきますのでオーナーの理解あっての実現となります。メリットは言うまでも無く、見た目の気持ち良さや側にある快適さ、その他にも色々。一方で、台風被害や虫害、日々の水遣りや草むしりなどはデメリットに思う方も多いかもしれません。それでも、植物と暮らすことの気持ち良さや豊かさは、好きな人には代えがたいものがありますね。
 ともあれ、宇茂佐の家の”みどりのアプローチ”は、とても気持ちの良い場所になりました。

DSC_3148.jpg
みどりのアプローチ

土間は多用途。

玄関から土間へ。庭と室内をやさしくつなぎます。

DSC_1069  500.jpg
玄関

光を取り入れる乳白色の壁。
下の木戸は大きく開閉します。

DSC_1094.jpg

将来は高窓部分にロフトを設けたり。
木部分はオイル仕上げなので時間の経過で表情が変化していきます。

DSC_0015.jpg
光が心地よく木陰のようなフリースペース

キッチン部分からフリースペースを眺めた様子。

DSC_0021 (2).jpg
フリースペース

家主さんのお気に入りが詰まったキッチン。好きな色、タイル、シンク、カウンター。個性的で素敵です。

DSC_0001.jpg
みかん色の壁

キッチンとトイレ
木造のフリースペースより一段下がったキッチン。仕切らず区切ることができます。

DSC_0007.JPG

キッチンの棚は機能的に。

DSC_0023.JPG
橙と木

奥にある個室。人が一人寝そべることができるほどの広さ。トップライトが漆喰壁をてらします。家主さまの希望で設えたこの部屋。想像すればするほど多用途でおもしろい空間です。

DSC_0036.jpg
一人部屋

奥から木造のフリースペースを眺めてみる。
向こうは明るくて開放的、こちらはしっとり安心感。

DSC_1074  500.jpg
奥からの眺め

木造部分の木戸。この木戸は大きく開き室内の土間へとつながります。
上の透明とたんはふんだんに光を室内へ運びます。

DSC_0051.jpg
開くと土間へ

玄関にベンチを。荷物を置いたり、一休みしたり多用途。

DSC_0049.jpg
玄関

ひさしの質感は外壁と統一してすっきり気持ちよく仕上げました。

DSC_0925.jpg
トタンと青と緑

大きく開く木造の戸をあけるとウッドデッキに出ます。

DSC_0042.JPG
ウッドデッキ

トタンと木とコンクリート 土。イキイキとしたたたずまい。 

DSC_0075.JPG
庭から見た丘の上の家

育つ緑のアプローチ。時間が経つごとに植物も茂り、足元の枕木も風格をたたえます。散歩するように楽しめる庭になりました。

DSC_0903  500.jpg
こみち


ウムサの家フライヤー-s.jpg

LinkIconLinkIconLinkIconLinkIconLinkIconLinkIconLinkIconLinkIconLinkIconLinkIcon

LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon
LinkIcon



LinkIcon

LinkIcon

LinkIcon